JAI | JAIソフトウェア

JAIカメラ用ソフトウェア

本ページでは各種ビジョン装置への組み込みをサポートする、JAIカメラ用ソフトウェアパッケージをご提供しています。新規にJAIカメラをご使用になるお客様は、機種別ダウンロードページまたは各製品ページのダウンロードタブにて、お使いのカメラに最も推奨されるソフトウェアバージョンが掲載されておりますので、ご確認ください。

特定のソフトウェアおよびバージョンをお探しの方は、下記の表中から最新バージョン及び旧バージョンをダウンロードいただくことができます。

eBUS SDK for JAI

eBUS SDK for JAIは、新しい世代のJAIカメラを制御するシステムを構築いただくためのSDKです。より強力なツールをご提供するため、Pleora社の eBUS SDK をベースとしたソフトウェアで、JAI製カメラに対してのみ制御が可能です。

パッケージはSDK (Software Development Kit) およびPlayer (コントロールツール) で構成されています。Playerは、JAI製の GigE Vision, USB3 Visionインタフェースを有するカメラのテストや評価にご利用いただく為のアプリケーションソフトウェアです。SDKは、システム開発者が装置へJAIカメラを容易に組み込めることを目的としたソフトウェアキットです。

使用許諾について
著作権を含むすべての知的財産権および所有権はPleoraに帰属します。ソフトウェアパッケージに含まれる使用許諾をよくお読みの上、同意する場合のみご使用を開始してください。

本ソフトウェアの使用可能機種について
本ソフトウェアがサポートする機種は以下の2点を両方満たすモデルのみです。

1. GigE VisionまたはUSB3 Visionのいずれかのインタフェースを備えていること
2. CMOSセンサを備えていること

※2023年4月時点の具体的な対応機種は以下です。

GO-X Series: GOX-2402M/C-USB, GOX-2402M/C-PGE, GOX-3200M/C-USB, GOX-3201M/C-USB, GOX-3201M/C-PGE, GOX-5102M/C-USB, GOX-5103M/C-USB, GOX-5103M/C-PGE, GOX-5105M/C-PGE, GOX-5105M/C-5GE, GOX-8105M/C-PGE, GOX-8105M/C-5GE, GOX-8901M/C-USB, GOX-8901M/C-PGE, GOX-12401M/C-USB, GOX-12401M/C-PGE, GOX-12405M/C-PGE, GOX-12405M/C-5GE, GOX-16205M/C-PGE, GOX-16205M/C-5GE, GOX-20405M/C-PGE, GOX-20405M/C-5GE, GOX-24505M/C-PGE, GOX-24505M/C-5GE

Go Series: GO-2400M/C-USB, GO-2400M/C-PGE, GO-2401M/C-PGE, GO-5000M-USB, GO-5000M-PGE, GO-5100M/C-USB, GO-5100M/C-PGE, GO-5101M/C-PGE, GO-5100MP-PGE, GO-5100MP-USB, GO-8105M-5GE-UV

Spark Series: SP-5000M/C-USB, SP-12401M/C-PGE, SP-12401M/C-USB, SP-20000M/C-USB

Apex Series: AP-3200T-10GE, AP-3200T-USB, AP-3200T-USP-LS, AP-3200T-USB-LSX, AP-3200T-PGE, AP-1600T-USB, AP-1600T-USB-LS, AP-1600T-USB-LSX, AP-1600T-PGE

Fusion Series: FS-1600D-10GE, FS-1600T-10GE-NNM, FS-3200D-10GE, FS-3200T-10GE-NNC, Fusion Series Flex-Eye custom multispectral cameras

Sweep Series: SW-4000TL-10GE, SW-4000TL-SFP

Sweep+ Series: SW-4000T-10GE, SW-4000T-SFP, SW-4000Q-10GE, SW-4000Q-SFP, SW-8000T-10GE, SW-8000T-SFP, SW-8000Q-10GE, SW-8000Q-SFP


eBUS SDK for JAI ダウンロード

ダウンロードアイテムバージョンダウンロードリンク
eBUS SDK for JAI (32-bit)
(Refer to installation instructions below.)
6.3.1 (Windows) - 71 MBダウンロード
eBUS SDK for JAI (64-bit)
(Refer to installation instructions below.)
6.3.1 (Windows) - 155 MBダウンロード
eBUS Player User Guide (PDF)6.3 - 28 March 2023ダウンロード
Installation Instructions and Release Notes (PDF)October 2023ダウンロード
eBUS Optional Companion Package
(For debugging, including PDBs for both SDK functions and the GEV/NDIS & U3V drivers)
6.3.1 (Windows) - 61 MBダウンロード
eBUS Merge Modules
(Required to package applications in an installation package for supported Windows operating systems)
6.3.1 (Windows) - 147 MBダウンロード
eBUS SDK Runtime Version (32-bit)
(For application integration)
6.3.1 (Windows) - 47 MBダウンロード
eBUS SDK Runtime Version (64-bit)
(For application integration)
6.3.1 (Windows) - 148 MBダウンロード
LOSSLESS COMPRESSION TOOLS
eBUS Player for Xpressソフトウェアは、Go-XシリーズPGEの一部モデルでXpressロスレス圧縮機能を使用することができます。eBUS Player for XpressのバージョンとSDKのバージョンは一致している必要があります。必要な場合は、以下の「旧バージョン」リンクを使用してSDKをダウングレードしてください。
eBUS Player for Xpress (Beta)6.2.15 (Windows) - 390 KBダウンロード
eBUS Player for Xpress (Beta)6.2.4 (Windows) - 390 KBダウンロード
Xpress Decompression Library
(アプリケーションコード内の画像解凍用)
LatestGo to GitHub page
旧バージョン
Click the page link to access older versions of the eBUS SDK for JAI.
(Includes 6.3.0, 6.2.15, 6.2.8, 6.2.4, 6.1.4, 5.1.10, and 5.1.3)
Various関連ページ

※サポートするOSは、Windows 11, Windows 10, Windows 8.1, Windows 7 (x86 and x86_64) (Windows 7 は Service Pack 1以降)です。

Python Wrapper (API) for Windows

eBUS SDK Python APIは、プログラマーが一般的なPythonプログラミング言語を使用してビジョンアプリケーションを作成することを可能にし、デバイス設定と制御、ユニキャストとマルチキャスト通信、画像とデータ収集、画像表示、および診断のためのeBUS SDKのコア機能を活用する様々なAPIクラスおよびメソッドを提供します。

この「Wrapper (ラッパー)」は、アプリケーションに使用されるPythonのバージョンとWindowsのバージョンに応じて複数のバージョンが提供されています。

Python 3.6, 3.7, 3.8, 3.9, 3.10 は、Windows 8.1, 10, 11 で使用することができます。
Windows 7のアプリケーションでは、Python 3.6、3.7、3.8のみサポートされています。

以下の表を参考に、クイックスタートガイドと、開発プロジェクトに適したバージョンのPython APIをダウンロードしてください。

Software / DocumentationVersionLink
eBUS SDK Python API Quick Start Guide (PDF)SDK 6.3 (Mar. 2023)ダウンロード
Python API based on Python version 3.106.3.1 (Windows)
910 KB
ダウンロード
Python API based on Python version 3.96.3.1 (Windows)
910 KB
ダウンロード
Python API based on Python version 3.86.3.1 (Windows)
909 KB
ダウンロード
Python API based on Python version 3.76.3.1 (Windows)
905 KB
ダウンロード
Python API based on Python version 3.66.3.1 (Windows)
905 KB
ダウンロード


JAI SDK & コントロールツール

JAI SDKおよびコントロールツールはGenTL、GigE Vision、GenICam各規格に準拠したJAIのオリジナルソフトウェアパッケージです。上記eBUS SDK for JAIのサポートカメラを使用した新規プロジェクトにはeBUS SDK for JAIをぜひお勧めいたしますが、既存システムの保守やeBUS SDK for JAI非対応のカメラをご使用の際、本パッケージをご利用いただくことができます。GigE Vision、Camera Link、USB3 Vision、CoaXPressの各インタフェースを採用するJAIカメラの装置組み込みを容易にするツールです。

eBUS SDK for JAIへの移行について
JAIカメラを利用した新規プロジェクトにはeBUS SDK for JAIのご利用を強くお勧めいたします。JAI SDKの技術サポートは2020年3月末日に終了します。現在JAI SDKを使用されているお客様はこの期日までにeBUS SDK for JAIへの移行をお願い申し上げます。
2020年4月以降は、システムに変更がなく、またWindows OSのサポートも続く限りJAI SDKをご利用いただくことは可能ですが、JAIのサポートが終了してしまいます。ご使用中のWindows OSのサポート期限も考慮し、ぜひお早めに移行をご検討ください。
ご不明な点などございましたら、こちらからお気軽に弊社カメラコンサルタントまでご一報ください。

JAI SDKダウンロード
最終リリースバージョンおよび旧バージョンのダウンロード一覧です。レガシーの装置等でご入用の際は各旧バージョンをご利用ください。

最終リリース ver.3.0.7
ダウンロードアイテムバージョンダウンロードリンク
JAI SDK and Control Tool (32-bit)3.0.7 (Windows) - 85.8 MBダウンロードページ
JAI SDK and Control Tool (64-bit)3.0.7 (Windows) - 111 MBダウンロードページ
スタートアップガイド (PDF)Rev M - 31 Mar 2016ダウンロードページ
最終リリースノート (PDF)3.0.7 - 07 Sep 2018ダウンロードページ
旧バージョン ver.1.4.1
JAI SDK and Control Tool (32-bit Full*)1.4.1 (Windows) - 54.4 MBダウンロードページ
JAI SDK and Control Tool (64-bit Full*)1.4.1 (Windows) - 82.8 MBダウンロードページ
スタートアップガイド (PDF)Rev K - 16 Dec 2014ダウンロードページ


LinuxおよびARM用Linuxに対応

JAIのeBUS SDKには複数のLinuxバージョンがあり、組み込み用プロセッサボードであるNVIDIA JetsonファミリーのARMプロセッサ用Linuxに対応したバージョンも提供しています。

現在利用可能なLinuxのバージョンは下表の通りです。リンクをクリックすると、そのバージョンのダウンロードと使用方法のページに移動します。

ソフトウェアバージョン

リンク

Red Hat Enterprise Linux および CentOS
64ビット(x86アーキテクチャ)
ダウンロードページ
Ubuntu 18.04 LTS、20.04 LTS および 22.04 LTS
64ビット(x86アーキテクチャ)
ダウンロードページ
Ubuntu 14.04 LTS および 16.04 LTS
32ビット(i686アーキテクチャ)
ダウンロードページ
組み込みシステム用Ubuntu 18.04 および 20.04
Jetpack 4.6 または Jetpack 5.1 を備えた NVIDIA Jetson用64ビットARMアーキテクチャ
ダウンロードページ


GenICam Firmware Update Tool

JAI GenICam Firmware Update Tool は、GenICam FWUpdate 規格に準拠したカメラに、ファームウェアアップデートパッケージをインストールするソフト ウェアアプリケーションです。このツールは古いカメラを最新のファームウェアバージョン(デバイスバージョン)に「アップグレード」になります。

アップデートツールには、さまざまなバージョンがあります。使用するバージョンは、お使いのOS(WindowsまたはLinux)とアップデートするモデルのインターフェース(GigE VisionまたはCoaXPress)により異なります。


アイテムVersion/Sizeリンク
FW Updater for GigE Vision & USB Vision (Windows)18 MBDownload
FW Updater for GigE Vision & USB Vision (Ubuntu Linux)
(Note: Requires eBUS SDK version 6.2.15. Use「旧バージョン」link in eBUS SDK section above to downgrade if needed.)
v1.14 (515 KB)Download
FW Updater for CoaXPress (Windows - 32-bit)v1.0.8 (2 MB)Download
FW Updater for CoaXPress (Windows - 64-bit)v1.0.8 (2 MB)Download
FW Updater for CoaXPress (Ubuntu Linux)v0.9.3 (2 MB)Download
User Guide (PDF)v1.2 (523 KB)Download
Download update files (list of supported models and device versions with download links)Go to page


Camera Linkおよびアナログカメラ用
コントロールツール

Camera LinkインタフェースのJAIカメラおよびアナログカメラにつきましては、機種別に推奨の無料カメラコントロールツールをご用意しております。機種別ダウンロードページまたは各製品ページのダウンロードタブにて、お使いのカメラに最も推奨されるソフトウェアバージョンが掲載されておりますので、ご確認ください。なおCamera Linkインタフェース採用モデルの中でも新しい世代のJAIカメラは、JAI SDKの利用を推奨していることがあります。これにつきましても当該ページに表示されるソフトウェアをご確認ください。

産業用ビジョン検査装置の設計リスクを最小限にするには

プロダクトエンジニアがいつでもご相談を承ります。

Contact a JAI engineer JP
JAI engineer APAC3
お使いのブラウザは古いバージョンです。

正しく表示させるにはブラウザをアップデートしてください。 今すぐブラウザをアップデートする

×