JAIカメラ用ソフトウェア

本ページでは各種ビジョン装置への組み込みをサポートする、JAIカメラ用ソフトウェアパッケージをご提供しています。新規にJAIカメラをご使用になるお客様は、機種別ダウンロードページまたは各製品ページのダウンロードタブにて、お使いのカメラに最も推奨されるソフトウェアバージョンが掲載されておりますので、ご確認ください。

特定のソフトウェアおよびバージョンをお探しの方は、下記の表中から最新バージョン及び旧バージョンをダウンロードいただくことができます。

eBUS SDK for JAI

eBUS SDK for JAIは、新しい世代のJAIカメラを制御するシステムを構築いただくためのSDKです。より強力なツールをご提供するため、Pleora社の eBUS SDK をベースとしたソフトウェアで、JAI製カメラに対してのみ制御が可能です。

パッケージはSDK (Software Development Kit) およびPlayer (コントロールツール) で構成されています。Playerは、JAI製の GigE Vision, USB3 Visionインタフェースを有するカメラのテストや評価にご利用いただく為のアプリケーションソフトウェアです。SDKは、システム開発者が装置へJAIカメラを容易に組み込めることを目的としたソフトウェアキットです。

使用許諾について
著作権を含むすべての知的財産権および所有権はPleoraに帰属します。ソフトウェアパッケージに含まれる使用許諾をよくお読みの上、同意する場合のみご使用を開始してください。

本ソフトウェアの使用可能機種について
本ソフトウェアがサポートする機種は以下の2点を両方満たすモデルのみです。

1.   GigE VisionまたはUSB3 Visionのいずれかのインタフェースを備えていること
2.   CMOSセンサを備えていること

※2018年6月時点の具体的な対応機種は以下です。

Go Series: GO-2400M/C-USB,  GO-2400M/C-PGE,  GO-2401M/C-PGE,  GO-5000M/C-USB,  GO-5000M/C-PGE,  GO-5100M/C-USB,  GO-5100M/C-PGE,  GO-5101M/C-PGE
Spark Series: SP-5000M/C-USB SP-5000M/C-GE2 SP-20000M/C-USB
Apex Series: AP-3200T-USB,  AP-3200T-PGE,  AP-1600T-USB,  AP-1600T-PGE

Fusion/B/C/Sweep/Sweep+/Waveの各シリーズは本ソフトウェアのサポート対象外です。なお、よくあるご質問についてはこちらからご参照ください。

eBUS SDK for JAI ダウンロード

ダウンロードアイテムバージョンダウンロードリンク
eBUS SDK for JAI (32-bit)5.1.10 (Windows) - 28 MBdownload
eBUS SDK for JAI (64-bit)5.1.10 (Windows) - 45 MBdownload
eBUS Player User Guide (PDF)5.1 - 08 May 2018download
Revision Notes (PDF)06 Sep 2018download
旧バージョン ver.5.1.3
eBUS SDK for JAI (32-bit)5.1.3 (Windows) - 28 MBdownload
eBUS SDK for JAI (64-bit)5.1.3 (Windows) - 44 MBdownload

※サポートするOSは、Windows 10, Windows 8.1, Windows 7 (x86 and x86_64) (Windows 7 は Service Pack 1以降)です。

JAI SDK & コントロールツール

JAI SDKおよびコントロールツールはGenTL、GigE Vision、GenICam各規格に準拠したJAIのオリジナルソフトウェアパッケージです。上記eBUS SDK for JAIのサポートカメラを使用した新規プロジェクトにはeBUS SDK for JAIをぜひお勧めいたしますが、既存システムの保守やeBUS SDK for JAI非対応のカメラをご使用の際、本パッケージをご利用いただくことができます。GigE Vision、Camera Link、USB3 Vision、CoaXPressの各インタフェースを採用するJAIカメラの装置組み込みを容易にするツールです。

eBUS SDK for JAIへの移行について
JAIカメラを利用した新規プロジェクトにはeBUS SDK for JAIのご利用を強くお勧めいたします。JAI SDKの技術サポートは2020年3月末日に終了します。現在JAI SDKを使用されているお客様はこの期日までにeBUS SDK for JAIへの移行をお願い申し上げます。
2020年4月以降は、システムに変更がなく、またWindows OSのサポートも続く限りJAI SDKをご利用いただくことは可能ですが、JAIのサポートが終了してしまいます。ご使用中のWindows OSのサポート期限も考慮し、ぜひお早めに移行をご検討ください。
ご不明な点などございましたら、こちらからお気軽に弊社カメラコンサルタントまでご一報ください。

JAI SDKダウンロード
最終リリースバージョンおよび旧バージョンのダウンロード一覧です。レガシーの装置等でご入用の際は各旧バージョンをご利用ください。

最終リリース ver.3.0.7
ダウンロードアイテムバージョンダウンロードリンク
JAI SDK and Control Tool (32-bit)3.0.7 (Windows) - 85.8 MBdownload
JAI SDK and Control Tool (64-bit)3.0.7 (Windows) - 111 MBdownload
スタートアップガイド (PDF)Rev M - 31 Mar 2016download
最終リリースノート (PDF)3.0.7 - 07 Sep 2018download
旧バージョン ver.1.4.1
JAI SDK and Control Tool (32-bit Full*)1.4.1 (Windows) - 54.4 MBdownload
JAI SDK and Control Tool (64-bit Full*)1.4.1 (Windows) - 82.8 MBdownload
スタートアップガイド (PDF)Rev K - 16 Dec 2014download

Camera Linkおよびアナログカメラ用
コントロールツール

Camera LinkインタフェースのJAIカメラおよびアナログカメラにつきましては、機種別に推奨の無料カメラコントロールツールをご用意しております。機種別ダウンロードページまたは各製品ページのダウンロードタブにて、お使いのカメラに最も推奨されるソフトウェアバージョンが掲載されておりますので、ご確認ください。なおCamera Linkインタフェース採用モデルの中でも新しい世代のJAIカメラは、JAI SDKの利用を推奨していることがあります。これにつきましても当該ページに表示されるソフトウェアをご確認ください。

お使いのブラウザは古いバージョンです。

正しく表示させるにはブラウザをアップデートしてください。 今すぐブラウザをアップデートする

×