高い信頼性が求められる食品飲料検査

JAIの高性能産業用カメラは、食品の選別、充填量の監視などの自動検査に利用されています。

Contact a JAI engineer JP

ひとの口に入るものを検査する。それがどんな責任を伴うのか、JAIは知っています。

果物や野菜を正しい種類や等級、品質に仕分ける選別用途には、最高レベルの色精度が求められます。

JAI独自のプリズム分光式カメラ技術は、成熟度測定、色味による選別、その他高度な色の判別性が求められる検査に、卓越した色再現性で応えます。マシンビジョンのカラーソリューションにおいて、JAIは常にその先頭を走り続けています。

生産性を下げることなく品質を向上させたい貴社へ。JAIのカメラは、速い。

時間処理量7万本の瓶詰めライン、ナッツや穀物などが流れる高速コンベヤー。JAIのカメラは最高速度で動作する検査装置に追従します。高速ラインレート・高フレームレートのJAIカメラが、貴社の装置に競争力と差別化をもたらします。

目に見えるものも見えないものも捉える、マルチスペクトルカメラ。

JAIの多波長デュアルセンサカメラを利用すれば、一回の撮像で可視領域と近赤外領域の画像を一度に撮像可能。異物の除去、傷みや水分量の検知、初期腐敗の兆候など、重要な選別や検査をサポートします。

マシンビジョンシステム設計者の皆様へ。あなたの品質にこだわる熱意に、お応えします。

高度なカラー画像処理機能、マルチスペクトル性能、高い安定性、幅広いフレーム/ラインレートオプション。ラインスキャンからエリアスキャンまで、私たちが口にする食品・飲料の最高品質を約束するシステムをJAIのカメラ技術が叶えます。

飲料業界では、瓶の傷などの不良品検出、寸法や形状による瓶やケースの選別、衛生検査、充てん量検査、ラベル検査、ボトルキャップの位置決めなど、ボトリングの全工程でJAIのカメラが利用されています。

食品業界では、ベルトコンベヤーを流れる果物や野菜を正しい種類、等級、品質に仕分ける選別や異物の除去にJAIのカメラが採用されています。例えば、コンベヤーで移動しているナッツや米などの穀物から、変色したものや混入物、その他の不要物を、不良品ノズルで「吹き飛ばす」タイミングや位置の指定に利用されています。

食品・飲料産業で特に有効な用途

野菜の選別

マルチスペクトルカメラは、色やサイズ、形状の検査と同時に、異物や初期腐敗の兆候がみられる野菜の識別が可能です。

焼き菓子の検査

クッキーやビスケットなどの焼き菓子製品の製造工程において、色やサイズ、ひび・欠けの有無などの検査でJAIのカメラが利用されています。

瓶の検査

ラベル、充填量、キャップ、コルクなどすべてのボトリング工程において、目視をはるかに超える速度で検査の自動化が可能です。

食品の等級選別

フライドポテトや魚の切り身などの加工食品のラインでは、梱包、冷凍工程に送られる前の、サイズ、形状、品質などの選別工程でJAIのカメラが採用されています。

食品・飲料検査システム用途に適したカメラ

Sweep+ Series LQ-201CL

2K x 4-CMOS プリズム分光式 ラインスキャンカメラ

製品を見てみる

Sweep Series SW-4000TL-PMCL

4K トライリニア式 カラーラインスキャンカメラ

製品を見てみる

Sweep+ Series SW-4000T-MCL

4K x 3CMOS プリズム分光式 ラインスキャンカメラ

製品を見てみる

Fusion Series AD-130GE

130万画素 2CCD マルチスペクトル エリアスキャンカメラ

製品を見てみる

Spark Series SP-5000-CXP4

500万画素 253fps 高性能CMOSエリアスキャンカメラ

製品を見てみる

Sweep Series SW-4000M-PMCL

4K 200kHz モノクロラインスキャンカメラ

製品を見てみる

貴社の食品・飲料検査用途に最適なマシンビジョンカメラが見つかります

JAIのプロダクトエンジニアがいつでもご相談を承ります。お気軽にご一報ください。

Contact a JAI engineer JP
Jai Engineer Apac3
お使いのブラウザは古いバージョンです。

正しく表示させるにはブラウザをアップデートしてください。 今すぐブラウザをアップデートする

×