JAI | JAIラインスキャンカメラ: 可視光R-G-B+SWIRイメージングを1台のカメラで

Sweep+シリーズ
SW-4010Q-MCL
R-G-B-SWIR画像を同時撮像

JAI Sweep+ SW-4010Q-MCLは、4センサ・ラインスキャン技術を採用しており、R・G・Bの3つのCMOSセンサと、InGaAs技術で短波長赤外線(SWIR)を捉える4番目のセンサで、同時に画像データを収集します。

Contact a JAI engineer JP データシートをダウンロード
Product Image SW 4010 Q MCL front45 410x370px
Product Image SW 4010 Q MCL front 410x370px
Product Image SW 4010 Q MCL rear45 410x370px
Product Image SW 4010 Q MCL rear 410x370px
Product Image SW 4010 Q MCL side 410x370px

可視光と短波長赤外線の同時検査を1台のカメラで

SW-4010Q-MCLのプリズム技術は、4つのセンサを同じ光学面上にピクセルレベルで正確に配置することで、R,G,B,SWIRの画像データを視差の問題を伴わずに、1度に取り込むことができます。これによりセットアップを簡略化し、ハードウェアにかかるコストを抑えながら、マシンビジョンシステムを容易に導入できるようになります。

マルチスペクトルを幅広くカバー

3つのCMOSセンサで400nm~700nmの可視域を完全にカバーし、InGaAsセンサで約800nm~1700nmの光波を捉えることにより、表面の精密なカラー検査と同時に、その下に隠された画像データも確認できるようになりました。

柔軟な同期オプション

スケーリングとROI機能により、可視光R-G-BとSWIRチャネル間のラインレートと FOV を調整し、RGBピクセル解像度をSWIRチャネルと同じ、SWIRチャネルの2倍、あるいはカスタム解像度に設定することができます

特徴

  • プリズムベースの4センサラインスキャンカメラで、R-G-B+SWIRを同時撮影

  • R-G-B可視光(400〜700 nm)検出用CMOSセンサ x 3

  • SWIR(800~1700 nm)検出用InGaAsセンサ x 1

  • 2種類の異なるセンサ幅とラインスキャン速度を同期させるXscaleとROI機能

  • 色空間変換機能(RGBチャネルのみ)

  • 各チャネルのゲインと露光時間を個別に設定

  • RGBとSWIRを別々のストリームで出力するデュアルストリームデータ出力

  • 水平・垂直ビニング(RGBセンサ)

  • フレームグラバーを経由せずロータリーエンコーダと直接接続が可能

  • ノイズ低減フィルタ

  • フラットシェーディング補正(RGB & SWIR)

  • カラーシェーディング補正(RGB)

  • Mini-Camera Linkインターフェース

  • M-52マウント

  • 可視光とSWIRの両方に最適化した専用マルチスペクトルレンズをご用意しています(別売)

仕様

シリーズ名

Sweep+ Series

型番

SW-4010Q-MCL

カメラタイプ

ラインスキャン

カラー/モノクロ

マルチスペクトル

波長

4-bands R-G-B + SWIR

規格

N/A

規格 横x縦

4096 x 1 px / 1024 x 1 px

フレームレート/ラインレート

39 kHz

ROI

あり

インターフェース

Mini Camera Link

センサ

4xCMOS RGB/SWIR

センサ名

Custom

センササイズ

30.72 mm / 25.6 mm

画素サイズ 横x縦

7.5 x 7.5 µm & 25.0 x 25.0 µm

シャッタ

グローバルシャッタ

センサ対角

30.8 mm

センササイズ 横x縦

30.8 mm / 25.6 mm

外形寸法 高さx幅x奥行

90 x 90 x 120 mm

重量

900 g

映像信号出力

8/10/12-bit

レンズマウント

M52マウント

消費電力

W

動作温度 (周辺温度)

-5°C ~ +45°C

Dimension Image SW 4010 Q MCL Side

Sweep+シリーズ R-G-B-SWIRカメラの主なアプリケーション

Sweep+ラインスキャンカメラは、可視光と近赤外光の両方の波長域での検査が求められるマシンビジョンシステムに最適です。

野菜・果物の検査

野菜や果物の色、熟度、傷み、皮下の腐敗の兆候、異物(石、金属片など)を同時に検出します。

ナッツ、アーモンド、オリーブの検査

ナッツやアーモンドの色、大きさ、形、傷みなどはRGBチャネルで、オリーブの実などの異物はSWIRチャネルでより鮮明に検査します。

半導体・ウェハー検査

半導体産業において、シリコンウェハーはSWIR波長域で高い分光透過率を持つため、検査装置を用いて表面や裏面の欠陥を検出します。

医薬品検査

パッケージの色刷りや完成度を見る外観検査と同時に、不透明なプラスチックパッケージや容器越しに内容物の量や充填量を確認します。

印刷物検査

R-G-BとSWIRを組み合わせた検査は、雑誌や医薬品パッケージの色検査、紙幣の色調・透かし・セキュリティ機能を調べる通貨検査などに採用されています。

バッテリー検査

バッテリーの安全性とエネルギー密度を保ち、早期劣化を防ぐために、欠陥はあってはならないものです。ラインスキャンカメラは、電極シートの傷、へこみ、くぼみ、異物、気泡、穴などの欠陥の確認に使用できます。

農業・林業

近年、精密農業(インテリジェント農業)は飛躍的な成長を遂げています。雑草・野草の除去や作物の精密収穫が重視されるインテリジェント農業において、R-G-B-SWIRマルチスペクトルカメラは重要な役割を担っています。

ウェブ検査

その他、カラータイルや織物などの製造に付随する各種ウェブ検査(染色された織物の乾燥状態の確認)などに応用されています。

液晶ディスプレイの検査

フラットパネルやディスプレイの表面検査では、色調の正確さ、画素欠けや傷などの有無を確認します。

アプリケーションに合ったマシンビジョンカメラを探す

当社のカメラエキスパートにご相談下さい

Contact a JAI engineer JP
JAI engineer APAC3
お使いのブラウザは古いバージョンです。

正しく表示させるにはブラウザをアップデートしてください。 今すぐブラウザをアップデートする

×