Sweep+ Series
SW-4000Q-10GE
プリズム分光式RGB/NIRラインスキャンカメラ

SW-4000Q-10GEは、4,096画素/ラインでインタフェースに10ギガビットEthernetを採用し、ラインレート72 kHzを実現した、4Kプリズム分光式産業用RGB/NIRラインスキャンカメラです。 4枚のCMOSセンサを搭載し、極めて優れた色再現性を実現したカラー画像(R・G・B)と近赤外画像(NIR)を同時に捉えることができます。高精度なRGBカラーデータを提供するだけでなく、近赤外映像によってさらに多様な欠陥を識別することが可能です。

お問合せはこちら プリズムラインスキャン技術の ホワイトペーパーをダウンロードする
Sw 4000 Q 10 Ge Front 410X370Px
Sw 4000 Q 10 Ge Back 410X370Px

プリズム分光式カメラの高い品質に10ギガビットEthernet インタフェース

SW-4000Q-10GEは、高い色再現性とプリズム技術、および最大72 kHzでのRGB + NIR出力(YUV出力では最大74 kHz)を可能にする超高速10 GigEインタフェースを組み合わせたものです。 さらに、1000Base-T、2.5GBase-T、および5GBase-Tのイーサネット規格をサポートしており、インテリジェントなオートネゴシエーション機能により自動的にEthernet規格を判別します。

どの角度からでも最高の画質を提供

1つの光軸から得た光を分光し、R・G・B ・NIRそれぞれ個別のセンサで再現するプリズム技術。単一光軸のため、斜めからの撮像や筒状、起伏のある検査対象の撮像に伴う視差の問題(HALO効果)や空間補正、その他一般的なトライリニア方式に起因する問題とは無縁です。

JAI独自の高度な機能を搭載

選べる2つの画素サイズモード、色空間変換機能、水平垂直両方のビニング機能など、JAIの4Kカラーラインスキャンカメラだけに備えられた高度なイメージング機能を搭載。また、ロータリーエンコーダと直接接続できるため、設置・運用の手間も軽減できます。

特長

  • 1つの入射光でR・G・B・NIR各波長の同時撮像が可能なプリズム分光式4CMOSカメラ

  • 4,096画素/ライン、RGB(8bit)+Mono(NIR:8bit) 出力で最大ラインレート72kHz

  • 選択可能な2つの画素サイズモード
      7.5×7.5 µm:より高い感度を必要とする用途に
      7.5×10.5μm:より良い暗SN比が必要な用途向け

  • 10ギガビットEthernet インタフェース (1000Base-T、2.5GBase-T、5GBase-TのEthernet規格もサポート)

  • 色空間変換機能(HSI、CIEXYZ、sRGB、Adobe RGB)に加えてユーザー設定可能な変換テーブルを使用したカスタムRGBに対応

  • 1×2、2×1、2×2の各ビニング

  • フレームグラバーを経由せずロータリーエンコーダと直接接続が可能

  • ワンプッシュ自動ホワイトバランス

  • フラットシェーディング補正、カラーシェーディング補正、色にじみ補正

  • 出力フォーマット:RGB/Mono(8bit), RGB/Mono(10bit), YUV422(8bit)/Mono(8bit), YUV422(8bit)/Mono(10bit)

  • ニコンFマウントまたはM52マウント

  • 耐衝撃性、耐振動性に優れています。

仕様

シリーズ名

Sweep+ Series

型番

SW-4000Q-10GE

カメラタイプ

ラインスキャン

カラー/モノクロ

カラー

波長

可視光 + 近赤外 (NIR)

規格

N/A

規格 横x縦

4096 x 1 px

フレームレート/ラインレート

72 kHz

ROI

あり

インターフェース

10 Gbps GigE Vision

センサ

4CMOS RGB/NIR

センサ名

Custom

センササイズ

30.72 mm

画素サイズ 横x縦

7.5 x 7.5 µm or 7.5 x 10.5 µm

シャッタ

グローバルシャッタ

センサ対角

30.8 mm

センササイズ 横x縦

30.8 mm

外形寸法 高さx幅x奥行

90 x 90 x 120 mm

重量

1000 g

映像信号出力

8/10-bit

レンズマウント

Fマウント または M52マウント

消費電力

27.80 W

動作温度 (周辺温度)

-5°C ~ +45°C

Demension Image Sw 4000 Q 10 Ge F Side

Sweep+シリーズ産業用カメラが特に有効な用途

Sweep+シリーズのラインスキャンカメラは、個別のR・G・Bカラーチャンネルを利用して、高精度なカラーデータを必要とする撮像用途に最適です。

果物や野菜の検査

色、成熟度、傷、初期劣化の兆候、異物(石、葉等)の選別など、果物や野菜のバルク検査に。

食品検査

冷凍食品、米穀、コーヒー豆、豆類、シリアル、茶葉、たばこなどの色や品質の検査に。

半導体、LCDディスプレイ

早期欠陥検出のためのウェハ外観検査、平面パネルやディスプレイの傷や画面の画素欠陥を検出する表面検査に。

リサイクル

有害物質を除去して再利用するため、着色されたガラス、プラスチック、缶、ポリマーなどの選別に。

2D印刷物検査

雑誌や医薬品パッケージの色検査、色の正確性や透かし、紙幣に埋め込まれたセキュリティ機能を確認する紙幣検査に。

3D印刷物検査

缶やボトル、ペンなどの円筒容器の360度非破壊ラベル検査に。

ウェブ検査

紙、プラスチック、繊維製品などのロール状製品の製造工程内高速検査用として。木材やタイル、ガラスの検査にも。

エレクトロニクス

トレース、半田品質、実装部品の配置や位置合わせ、ショート検出、その他色や近赤外領域(NIR)での検査が重要となるPCB(プリント基板)検査に。

半導体、LCDディスプレイ

早期欠陥検出のためのウェハ外観検査、平面パネルやディスプレイの傷や画面の画素欠陥を検出する表面検査に。

貴社の用途に最適なマシンビジョンカメラを見つけましょう

JAIのプロダクトエンジニアがいつでもご相談を承ります。

お問合せはこちら
Jai Engineer Apac3
お使いのブラウザは古いバージョンです。

正しく表示させるにはブラウザをアップデートしてください。 今すぐブラウザをアップデートする

×