Fusion Series
FS-3200T-10GE-NNC
トリプルセンサ搭載プリズム式カラー・近赤外エリアスキャン

FS-3200T-10GE-NNCトリプルセンサ搭載プリズム分光式マルチスペクトルエリアスキャンカメラは、1つのカメラにCMOSセンサを3枚搭載し、400 nm~650 nmの可視光域、700 nm~800nmの近赤外域(NIR1)、820nm~1000nmの近赤外域(NIR2)の3つの画像を画像を同時に撮像することができます。これにより、可視光域と近赤外域を使った被写体の表面と内部の状態を同時に検査が可能になります。
さらに、2つの近赤外域を使って被写体のスペクトル特性を利用した材料または欠陥の分析が可能になります。下位互換性のある10GigEインタフェースは、並み外れたデータ伝送速度とネットワークの柔軟性を提供します。

お問合せはこちら データシートをダウンロード
Product Image Fs 3200 D 10 Ge 45 Degree Front2 410X370Px
Product Image Fs 3200 D 10 Ge 45 Degree Rear 410X370Px
Product Image Fs 3200 D 10 Ge Side View 410X370Px
Fs 3200 T 10 Ge Nnc 410X370Px 3
Product Image Fs 3200 D 10 Ge Front View 410X370Px
Product Image Fs 3200 D 10 Ge Rear View 410X370Px

3チャネル同時撮像のマルチスペクトルイメージング

FS-3200T-10GE-NNCは、3つのチャネル(1つのベイヤーカラーと2つの近赤外域(NIR))で構成されています。マルチスペクトルシステムの設計者が、一部の生物学的物質、食品、化学物質、およびその他の材料を、可視光域/近赤外域の一部帯域を使った様々な方法で、識別する際に活用いただけます。

複数の画像検査工程を1つに集約

JAI独自のプリズム技術により、3つの波長帯域ごとに完全に一致した角度・エリアを同時に撮像することができます。従来複数で行なっていた検査工程を1つに集約できるため、導入が容易で、設備投資を抑え、維持費も節約できます。

各センサで個別に露光時間の調整が可能

それぞれのセンサに対して個別に露光時間の制御が可能です。ゲインを変更せずに、常に一定のS/N比を維持できます。

特長

  • 1つの可視光域と2つの独立した近赤外域(NIR)の3つの画像を同時に撮像できる、トリプルセンサ搭載プリズム分光式マルチスペクトルエリアスキャンカメラ

  • 10ギガビットEthernet インタフェース (1000Base-T、2.5GBase-T、5GBase-TのEthernet規格もサポート)

  • 露光時間やゲイン、ROIなどの設定を組み合わせて任意の順番に動作させるシーケンサ(Sequencer)機能

  • PTP(IEEE1588 Precision Time Protocol)による厳格な時刻管理をサポート。
    これにより複数のカメラシステムの時刻同期が可能になります。

  • 1つのイーサネットケーブルでカラー画像と近赤外画像を同時に3つのストリームとして出力

  • 各チャネルの主要な調整パラメータは、個別制御および統合制御が可能です。

  • シングルROI機能、マルチROI機能

  • はるかに優れた近赤外線感度 (弊社CCDカメラ比)

仕様

シリーズ名

Fusion Series

型番

FS-3200T-10GE-NNC

カメラタイプ

エリアスキャン

カラー/モノクロ

Multispectral

波長

3-bands Visible + NIR

規格

3.2 MP

規格 横x縦

2048 x 1536 px

フレームレート/ラインレート

107 fps

ROI

あり

インターフェース

10 Gbps GigE Vision

センサ

3XCMOS

センサ名

IMX252

センササイズ

1/1.8型

画素サイズ 横x縦

3.45 x 3.45 µm

シャッタ

グローバルシャッタ

センサ対角

8.8 mm

センササイズ 横x縦

7.1 x 5.3 mm

外形寸法 高さx幅x奥行

62 x 62 x 86.5 mm

重量

270 g

映像信号出力

8/10/12-bit *

レンズマウント

Cマウント

消費電力

11.60 W

動作温度 (周辺温度)

-5°C ~ +45°C

Dimension Image Fs 3200 D 1600 D Side

* 12bit出力でお使いになる場合一部の映像処理機能は使用できません。

Fusionシリーズ産業用カメラが特に有効な用途

Fusionシリーズのエリアスキャンカメラは、可視領域と近赤外領域での検査を同時に必要とする撮像用途に最適です。

果物や野菜の検査

色、成熟度、傷、初期劣化の兆候、異物(石、金属片等)の選別などを2つの波長帯域で同時に画像検査することができます。

ライフサイエンス

マルチスペクトル分析は、特定の種類の細胞、ウィルス、または単一のスペクトル分析では分類が困難な生体の識別に役立ちます。

農業分野で人工知能が付加価値を向上

精密農業やインテリジェント農業といった分野は、カメラやセンサとモニタリング機器を活用して近年急激な進化を遂げています。 そして重要な課題である雑草除去にマシンビジョンが貢献する領域があります。

ナッツ、アーモンド、オリーブの検査

色、大きさ、形、傷などは可視領域で、異物(オリーブの種も含む)はNIR領域でより鮮明に判別することができます。

印刷物検査

雑誌や医薬品パッケージの色検査、色の正確性や透かし、紙幣に埋め込まれたセキュリティ機能を確認する紙幣検査に。

LCDディスプレイ

平面パネルやディスプレイの傷、画面の画素欠陥を検出する表面検査に。

貴社の用途に最適なマシンビジョンカメラを見つけましょう

JAIのプロダクトエンジニアがいつでもご相談を承ります。

お問合せはこちら
Jai Engineer Apac3
お使いのブラウザは古いバージョンです。

正しく表示させるにはブラウザをアップデートしてください。 今すぐブラウザをアップデートする

×