目的に合うインタフェースを選択するために

貴社の装置用途に対応できるよう、JAIではさまざまな種類のインタフェースをご用意しています。 JAIのカメラでは、以下のデジタルインタフェースの選択が可能です。

カメラをコンピュータに直接接続する場合:

- GigE Vision
- USB3 Vision

カメラをフレームグラバボードに接続する場合:

- Camera Link
- CoaXpress

最新のJAIカメラはすべて、GenlCam(Generic Interface for Cameras)に準拠しています。GenlCamは、産業用カメラ向けの汎用プログラミングインタフェース(API)で、ハードウェア・インタフェース技術や実装されている機能にかかわらず、カメラの設定やカメラからの画像転送などの制御が可能になります。GenlCamの目的は、マシンビジョン業界全体で共通のAPIを使用することで、横断的なシステム開発を可能にすることです。

最適なインタフェース選びに重要となるのが、帯域幅とケーブル長です。以下は、JAIが対応しているインタフェースの帯域幅と最大ケーブル長の概要です。


GigE-Vision-Logo-150px-wide.jpg#asset:2703


GigE Vision
インタフェースのメリット:

  • スイッチングハブ等を含む既存のイーサネット設備を使用可能 - 複数台のカメラを使用する場合に最適
  • 長いケーブル長
  • サードパーティ製品との互換性に優れ、あらゆる画像処理アプリケーションと容易に統合可能
  • GigE Visionによる標準化
  • PoE機能:ネットワークケーブル経由でカメラへの電源供給が可能

GE=GigE Visionインタフェース
・最大インタフェーススループット:1 Gbit/s
・有効データスループット:115 MB/S
・最大ケーブル長:100 m

GE2=リンクアグリゲーション対応GigE Visionインタフェース
・最大インタフェーススループット:2 Gbit/s
・有効データスループット:230 MB/S
・最大ケーブル長:100 m

PGE=PoE/GigE Visionインタフェース
・最大インタフェーススループット:1 Gbit/s
・有効データスループット:115 MB/S
・最大ケーブル長:100 m

GigE Visionインタフェースを搭載したJAIのカメラについては、カメラ検索ガイド機能をご利用ください。


USB3Vision-150-pixel-wide.jpg#asset:2740


USB3 Visionインタフェースのメリット: 

  • 転送バンド幅:最大350 MB/s
  • リアルタイムの互換性
  • 高い安定性
  • サードパーティ製品との互換性に優れ、あらゆる画像処理アプリケーションと容易に統合可能
  • USB3 Visionによる標準化


USB=USB3 Visionインタフェース
・最大インタフェーススループット:5G bit/s
・有効データスループット:400 MB/s
・最大ケーブル長:3~5m

USB Visionインタフェースを搭載したJAIのカメラについては、カメラ検索ガイド機能をご利用ください。


CoaxPress-logo-150-px.png#asset:2737


CoaXpressインタフェースのメリット:

  • 標準化されたカメラ/フレームグラバには、定義されたコネクタ、ケーブル、データ形式、制御信号が統合されている
  • 高データレート
  • アナログからデジタルにアップグレードする際にも、既存のケーブルの再利用が可能
  • 長いケーブル長
  • GenICam、GenApi、SFNC、GenTLによる標準化


CXP=CoaXPress コネクタ1個/CXP-3構成で使用する場合:
・最大インタフェーススループット:3.125 Gbit/s
・有効データスループット:312 MB/S
・最大ケーブル長:85 m

CXP=CoaXPress コネクタ1個/CXP-6構成で使用する場合:
・最大インタフェーススループット:6.25 Gbit/s
・有効データスループット:625 MB/S
・最大ケーブル長:35 m

CXP2=CoaXPress コネクタ2個/CXP-3構成で使用する場合:
・最大インタフェーススループット:6.25 Gbit/s
・有効データスループット:625 MB/S
・最大ケーブル長:85 m

CXP2=CoaXPress コネクタ2個/CXP-6構成で使用する場合:
・最大インタフェーススループット:12.5Gbit/s
・有効データスループット:1250 MB/S
・最大ケーブル長:35 m

CXP4=CoaXPress コネクタ4個/CXP-3構成で使用する場合:
・最大インタフェーススループット:12.5 Gbit/s
・有効データスループット:1250 MB/S
・最大ケーブル長:85 m

CXP4=CoaXPress コネクタ4個/CXP-6構成で使用する場合:
・最大インタフェーススループット:25G bit/s
・有効データスループット:2500 MB/S
・最大ケーブル長:35 m

CoaXPressインタフェースを搭載したJAIのカメラについては、カメラ検索ガイド機能をご利用ください。


Camera-Link-logo-150-pixel.jpg#asset:2735


Camera Link
インタフェースのメリット:

  • 標準化されたカメラ/フレームグラバには、定義されたコネクタ、ケーブル、データ形式、制御信号が統合されている
  • リアルタイム転送
  • 高データレート
  • 標準のケーブル
  • GenICam標準化(新機種から対応)

CL=Camera Link
MCL=Mini Camera Link
PMCL=Power Over Mini Camera Link

Base configuration
最大インタフェーススループット:2.0 Gbit/s
有効データスループット:255 MB/S*
最大ケーブル長:10 m

Medium configuration
最大インタフェーススループット:4.08 Gbit/s
有効データスループット:510 MB/S*
最大ケーブル長:10 m

Full configuration
最大インタフェーススループット:5.44 Gbit/s
有効データスループット:680 MB/S*
最大ケーブル長:10 m

Full 80bit Deca configuration
最大インタフェーススループット:6.80 Gbit/s
有効データスループット:850 MB/S*
最大ケーブル長:7 m

*)センサタップ構成による

Camera Linkインタフェースを搭載したJAIのカメラについては、カメラ検索ガイド機能をご利用ください。



貴社の装置用途に最適なマシンビジョンカメラを見つけるお手伝いをします。

JAIのプロダクトエンジニアがいつでもご相談を承ります。

お問合せはこちら
お使いのブラウザは古いバージョンです。

正しく表示させるにはブラウザをアップデートしてください。 今すぐブラウザをアップデートする

×