Home
カメラ事業部
トラフィック事業部
ニュース&イベント
アプリケーション紹介
コンタクト
企業情報
  Search

食品・飲料

ccd cameras for food sorting and botteling inspection 

 

 食品産業では、ベルトコンベヤーを流れる果物や野菜を正しい種類、等級、品質に仕分ける選別用に、また飲料産業では飲み物の瓶詰め工程における瓶の傷などの不良、充填量検査など広い範囲で、JAIのカメラが利用されています。

 カラー可視画像とモノクロ近赤外画像を一度に撮像することができる2CCDカメラ AD-080CL/AD-080GEを利用し、2回の撮像または2台のカメラによって撮像されていた検査工程を1台のカメラで行うようなアプリケーションも増えています。

  • パッケージ検査(表面検査+内部検査)
    AD-080CLと可視光照明・赤外光照明を組み合わせて使い、ビニールでパッケージされた食品を撮像すると、カラーCCDがパッケージ表面に印刷された文字を撮像し、モノクロCCDで内部の食品だけを撮像する事ができ、表面の印刷検査と内部の異物検査を同時に行うことができます。 
  • 鮮果選別  
      カラー映像で果物などの表面の色味や成熟度、表面のキズを検査
      し、モノクロNIR画像で内部のダメージや腐食、害虫などを検査しま
      す。
  •  

     
    Contact form 
     

     ‭(Hidden)‬ Google Analytics code